足を踏んで"Excuse me." と言ったら殴られる! "I’m sorry."との違い。

“Excuse me.””と “I’m sorry.”は両方とも「済みません。」です。 しかし、”Excuse me.”は謝まらないとき使います。

スポンサーリンク




“Excuse me.”は謝るないとき使う

“Excuse me.”は謝るないとき使います。 ひとに「オーイ」とか、「すみませ~ん!」のように呼びかけるとき使います。 そのほかに、 ひとの後ろを通るとき。 クシャミしたとき。 オナラしたとき。 このようなときに使います。 日本人はクシャミしたとき「済みません」と言いませんが、ガイジンは”Excuse me.”といいます。

2. “I’m sorry.”は謝るとき使う

“I’m sorry.”は謝るとき使います。 たとえば、 足を踏んだとき。 肩がぶつかったとき。 飲み物をこぼしたとき。


2.1 “I’m sorry.”と”Excuse me.”のちがい

“I’m sorry.”も”Excuse me.”も日本語では「済みません」ですが、全く異なります。 “Excuse me.”は、謝る必要のない事、どうでも良いことにつかうのです。

2.2 「’I’msorry.’を使っちゃいけない」ってホント?

このような話を何度か聞きました。 「どちらがに責任があるか」と言う重大な場面は知りませんが、 ガイジンは’I’msorry.’をやたらと使います。


2.3 日本人の「済みません」とガイジンの”Excuse me.”はどっちが多い?

日本にいる外人が、「日本にきて”済みません”を良く使うようになった」と言う。 彼は、日本人の”済みません”が多いと感じている。 私は、ガイジンのほうが”Excuse me.”を良く使うと思う。 彼らは、”Excuse me.”,”I’m sorry.”と”Thank you.”は使いまくりだと思います。


4. まとめ

「“I’m sorry.”は使っちゃいけない」は嘘。 “Excuse me.”,”I’m sorry.”と”Thank you.”を使いまくろう! “I’m sorry.”は謝るとき、”Excuse me.”は謝らないときつかう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. saku より:

    人柄が出ていてとてもいい文章だと思います。
    笑える内容じゃないのに、なんか笑いながら読んでいました。
    私もブログ始めたばかりです。
    お互い頑張りましょうね。
    ランキングに参加すると、とりあえず人は来てくれますよ。