AdSenseの1次審査に落ちる原因はこれ。

ブラウザーでサイトが見れても不十分。
“index”禁止の解除には時間がかかる。
「ウェブマスターツール」で解除を確認してから申請しよう。

スポンサーリンク




審査申請前に「ウェブマスターツール」でチェックしたらNGだった。

AdSenseは申請したアドレスが有効ならば合格する。

しかし意外と落ちる人が多い。

「人間がサイトをブラウザーで見る事ができる」では不十分で、
「グーグルのサーチエンジンがそのサイトを見る事が出来る」ことが大切。

念のため申請前に「ウェブマスターツール」で確認するとNGだった。

「index禁止」って何?

ロリポップの「ワードプレス簡単インストール」ではワードプレスインストール時に、’indexを許可する’か聞いてくる。

「index」って何?

調べると、indexって「サーチエンジンが巡回してくるサイトをデーターベースに登録する」こと
らしい。

これは、ワードプレスのダッシュボードでいつでも変更できる。

初期設定は「index禁止」にした。

ブログになれない間は他人に見られたくないので、「index]禁止にした。

“Google AdSense”の申請直前に変更すれば良いと思ったからだ。

ウェブマスターツールで確認するとINDEXできない。

ワードプレスの操作もなれた。
申請用のサイトも準備できた。

さあ、AdSenseの申請だ!

ワードプレスのダッシュボードで、「インデックス禁止」を解除した。

念のため、「ウェブマスターツール」で確認しよう。

が~ん!
「index」出来ない!!

ネットで原因を探しまくる。
おかげで、robots.txtに関して勉強できた。

ネットで調べると同じ事で悩んだ人がいた。

「index禁止」の解除すると、robots.txtの内容が変更される。
しかし、サーチエンジンはキャッシュを使用している。
キャッシュが書き換わるまで、変更は有効にならない。
私の場合、24H程度で有効になった。

“index”禁止の解除には時間がかかるのだ

まとめ

  1. 申請用のサイトの早めに「index禁止」の解除を行うこと
  2. 「Google ウェブマスターツール」で確認してから申請を
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク