10才過ぎたらバイリンガルになれない。

L 129
10才の時バイリンガルであれば英語は一生忘れません。
10才以前に帰国した人は英語を忘れるようです。

バイリンガルになるには10才のときバイリンガルである。
これが重要です。

スポンサーリンク




1. バイリンガルの情報は殆どない

私は子供が生まれたとき、子供をバイリンガルにしたいと思いました。

私は、バイリンガルや英語教育の本を入手できる限り調べました。
しかし、調べれば調べる程わからなくなります。

色んな意見があり全くどれがほんとうか、全くわからないのです。

いま子育てがおわり、どの説が正しかったが分かりました。

もし貴方が子供をバイリンガルに育てたいと思っているなら、参考にしてください。

2.10才までの英語は忘れる

幼稚園をアメリカで暮らし英語ではなしてた子供が6才で帰国。
帰国後は完全に英語を忘れる。

このような話をよく聞きます。

では何歳以降の英語が定着するか?

「10才以降の英語は定着する」のです。

10才以前の英語は忘れてしまうのです。

「忘れているほうに見えるが頭の奥に記憶されている」などと主張する言語学者がいますが、どの程度記憶してるのでしょう?
単純に「10才以前の英語は忘れてしまう」だとおもいます。

3.10才以降はバイリンガルになれない

10才が言語取得にとって非常に重要な年齢だと感じられます。

「10才以降の英語は定着する」と言われています。

これは私見ですがバイリンガルになる年齢も10才が限界のような気がします。
ぎりぎり、小学校6年程度ではないでしょうか。

3.110才をバイリンガルで通過するかがポイント

これも私見ですが、バイリンガルになるかどうかは、

「10才をバイリンガルとして通過するか?」
にかかっているようにおもいます。

それほどデーターは持ってませんんが、大きくは間違ってないでしょう。

4. バイリンガルとは

「文法なんか知らなくても自然に文法問題が解ける。
NativeからみてNativeだと思われる。」
この限界が10才だとおもうのです。

大人になってもバイリンガルになれると主張する大学教授もいます。
でも彼のバイリンガルの定義が違います。

バイリンガルの定義をかえて、おとなになってもなれる。
それにどんないみがあるのでしょうか?

5. まとめ

  1. バイリンガルになるには10才をバイリンガルとして通過する
  2. 10才以前に帰国すると英語は殆ど忘れる
  3. 10才以降ではバイリンガルにはなれない
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク