“Can you speak English?”はよりも”Do you speak Englsih”を使おう。

“Can you speak English?”は、いいかたによっては、ちょっと失礼に聞こえます。
大人は普通、Do you speak Englsih?”を使います。
このほうが、柔らかい言い方になります。

スポンサーリンク




1. “Can”の意味

1.1 “Can”と「出来る」の違い

“Can”と「出来る」には微妙なズレがあります。
同じと思って使うと失礼になります。。

“Can”は「能力を表す」

“Can”は「能力を表す」単語です。
「君に英語を話す能力がありますか?」との意味なので、言い方によってはきつく聞こえます。

大人同士なら”Do”をつかう

Do you speak English?

1.2 “can” と”be able to”の違い

“can” と”be able to”の違いも重要です。

以下の文の違いはなんでしょう。

  1. He could finish his home work.
  2. He was able to finish his home.

‘He could finish his home work.’
彼は宿題を終える能力はあった。(でもやらなかった。)

‘He was able to finish his home work.’
彼は(お母さんに手伝って貰ったかもしれないが)宿題を終えるた。

このように、”can” と”be able to”には大きな違いがあります。
残念なことに参考書をチェックすると、
かなりの本が「同じ」だと書いています。

「”can”と”be able to”は同じ」と書いてある参考書は捨てましょう

2. “Can”を使って良いのはどこまで

以下のような場合は”can”を使って大丈夫です。

  1. 先生と生徒
  2. 軍の上官と部下
  3. 警察と犯人

大学生の友達同士ならどうでしょう?

いちおう避けた方が無難です。

まとめ

“Can you ~ ?”はNativeの作った英語教材にも出てきます。
しかし、うっかり使ってはイケません。

大人は”Can”でなく”Do”
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク