車の消臭にアルコールスプレーが効く

ウチのポンコツ車は時々、雑巾の様な匂いがする。
アルコールを2倍に薄めてダッシュボードの下からスプレーすると、臭いが取れることがわかった。

ディーラーが、何故か嫌がるエバポレーターの交換

私の車はもう15年、走行距離も20万キロを越した。
別に大きな不満はないのだが、時々雑巾の様な臭いがする。

ディーラーに相談してもエバポレーターの交換は高額で手間が大変だと尻込みする。
儲かるのに、なんで嫌がるのだろう?

市販の消臭スプレーを試してみた。
エンジンをかけたまま停車させスプレーの蓋を外して10分間。
無論、自分はのっていない。

エンジンを回して10分間も放置できる場所は多くない。
効いたような気がするけど結構面倒。

アルコールスプレーのほうが効き目がよかった

家に消臭用のアルコールスプレーがあった。
市販のアルコールを2倍に薄めスプレー容器に入れただけのもの。
コレを車で試すことにした。

「銀イオンも入ってないしダメだろう」と思ってたが大正解。
いままでで一番効く。
臭いが全くきにならない。

しかも手軽だ。
エンジンかけて、走行まえにグローブボックス下部にスプレーするだけ。
乗ったままでOKだから、発車まえに簡単に行える。

これで、当分車を買い換えるきがなくなった。アルコールスプレーの効きはは凄い!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク