ダメなTOEIC本を一瞬で見抜く方法: Part-1の対策を読むだけ!

本屋に行くと大量のTOEIC本が並んでいます。

ところがその大半がダメ本。

「英語が苦手な僕が、こうやって短期間で900点とった!!」

このようなデタラメの本が並んでいます。

中には本当の本があるかもしれません。

ウソの本を見分ける技術が必要です。

でもそれは簡単。

Part-1の対策を読めば、簡単にわかるのです。

スポンサーリンク

TOEICで点がとりたきゃ、英語は絶対、勉強するな!: ~なぜ、どんなに勉強しても495点を越えられなかった男が、たった5日で900点をとれたのか!?(5日で405点アップ!)~

ちなみにこの本を、ケナしてるわけじゃありません。

だって、読んでないんだも~ん。

スポンサーリンク




1. まず、Part-1に注目!!!

最初にPart-1の対策を読んでください!

きっと、このように書いてあるのでは。

1. Part-1は簡単です。
2. 落ち着いて満点取りましょう。
3.  動作や状態の説明です。

確かにそうです!!

でも、これだけで終わっては、ダメ本です。

Part-1には、日本人が苦手な「現在進行形」が必ず出題されているのです。

Part-1は現在進行形を狙っている!

ここに気が付かず「落ち着いて満点とりましょう」と書いてある本は、間違いなくダメ本です。

2. 現在進行形のここがポイント!!

30js4js

he’s having the seat.

TOEIC500点以下のひとは、なぜ間違いか分らないのでは。

これは「彼は、椅子に座ろうとしている」の意味で「座ってない」のです。

「彼は、椅子に座すわっている」なら”He’s sitting in the chair.”です。

現在進行は「~している」と「~しようとしている」の場合があります。

TOEICは、ここを執拗に攻めてきます。

それなのに、

簡単だから、落ち着いて満点取りましょう!

ダメ本には、そう書いてあるのです。

最後に!

ここまで、書いておきながら残念なお知らせ。

TOEIC本をみるとほとんどがダメ本。

私も良書を探しているのですが、見つかりません。

まあ、私が書くしかないか!(冗談ですが。)

現状では、公式問題集と洋書の"Grammar in use"をやる。

そして、英語のNewsを読み英語のNEWS聞く。

これが最良の方法だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク