ブログを全部「です・ます」調に書き変えます!

このブログは「です・ます」調と「である」調を混ぜてかいていました。
全部を「です・ます」調に統一します。

社内の文章は全て「である」調

社内文書は「である」調でした。

論文でも出張レポートでも全て「である」調でした。

つい「です・ます」調を使いたい時も、意識して「である」調で書き続けました。

ブログは全て「です・ます」調

参考ししているブログを見ると全て「です・ます」調なんですね。

かなり辛辣な事を書いて、炎上狙いの人も「です・ます」調です。

炎上狙いといわれる「イケダハヤト」さんの文章。↓↓↓↓

ここの魅力はなんといっても「正直さ」。脂が乗っていないときは「脂はあんまり乗っていません」と書いてくれますし、冷凍物のときは「冷凍物です」と明示してくれます。冷凍のときは100円引きにしてくれたりするのでお得感あります。冷凍でもめちゃくちゃうまいですよ(なお、ここが冷凍物を出しているときは、他のお店も冷凍だと思われます)。

初心者ブログ指南の

僕が実際に雇った仕事ができない人の特徴6+2
を見ても、「です・ます」調です。↓↓↓↓

僕が以前書いていたブログで人気だったのが「仕事ができない人の6つの特徴」という記事。

記事を書いてから1年以上が経ちましたが、その間に雇った方もいれば辞めた方もおり、出会いと別れの中で新たな発見がありました。そこで、6つの特徴を再編し新たな要素を2つ加え、2013年版としてご紹介します。

つい両方を混ぜてしまった

いざ文章をかくと両方に凄い違和感を感じ、なかなか文章がかけません。
そして、「です・ます」調と「である」調を両方を使ってしまいました。

「です・ます」で書こうとするのですが、
「である」の方が書きやすいのです。

つい迷って、「です・ます」と「である」を中途半端に混ぜて書いてしまってました。

実際の「である」調の自分のブログを読み返すと

時間がたって自分のブログを読み返すと、「である」調は違和感があります。

「なんだこいつ。エラソーに。」と感じてしまうのです。
(自分の文章なのに)

結論

せっかく若干の記事を書き始めたこのブログですが、「である」調のところは全部書き直すことにします。

なかなか、前に進まないものですね!


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク