ガイジンをガイジンと言ってどこが悪い!

恥ずかしい和製英語

スポンサーリンク




1. ガイジンをガイジンと呼んではいけない理由

1.1 ガイジンの意味は””

ガイジンと言う言葉を使うと妙に反応する人がいます。

ガイジンをガイジンと言ってどこが悪い!!

と反発して無駄かもしれません。

いつのまにか、「ガイジンと言ってはいけない」が定着しているのです。

使わないほうが良いのは、”foreigner”であって、ガイジンではありません。

ガイジンと呼ばれたガイジンが「ガイジンって何ですか?」と尋ねる。
聞かれた日本人が「ガイジンってforeignerだよ」と答える。
ガイジンが「俺ってforeigner(よそ者)か!」とショックを受ける。
ガイジンが日本人に「ガイジンって使わない方がよいよ! ショックだから」と教える。

多分こんな事が広まったのだと思います。

使っちゃいけないのは、”foreigner”で「ガイジン」ではありません。

2. foreignerじゃなれれば、どう呼ぶの?

英辞郎より↓↓↓

foreigner〔外国人を指すのにforeignerという語は避けた方が良い〕

“foreigner”じゃなきゃ、なんていうの?

外国の入国審査の列には、”alien”と書かれています。
”俺ってエイリアン?”って、ギョッとします。
日常会話でガイジンを”alien”と言うのは、やはり変です。

普通は、”foreigner”を使わずに国名を使います。
フレンチ、イタリアン、ホンキーとかです。

でも、国名を知らなかったら?

長年の疑問に答えがありました。
「expatriate」だそうです。

しかし、その人の国籍が分からない場合は少し困りますね。その場合には、「foreigner」を使う英語のネイティブも沢山います。

「foreigner」をつかっても、大丈夫そうですね!

まとめ

  1. ガイジンと呼ばず国名でよぼう
  2. 国名がわからないばあい、expatriateをつかう
  3. expatriateをしらないなら、foreignerをつかう
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク