日本人の英語学習法:一番大切な事が逆! 絶対上達しない。

日本人の英語学習って、ほとんどが日本の教材。

「日本人の、日本人の為の、日本人による英語」です。
これでは上達しません。
日本人の英語でなく、Nativeの英語を学ぶべきです。
日本人って大学教授でも相当怪しい。

よむなら、NativeがNativeの為に書いた英語。
英語を英語のまま理解する練習にもなり効果的です。

Side by Side 1: Student Book with Audio CD Highlights

スポンサーリンク




1. 日本人の書いた教材は止めよう!

ジジイの私も最近、はてブを読んでいます。
面白いですね。

みんな、文章が軽妙でリズムがあってうまい!
タイトルも適当に大げさで、つい読みたくなってしまう。

でも、時々のっている英語学習法はだめ!
これでは上達しません。

日本人の書いた本や教材を使った勉強法ばかり。

もう、日本人の本にたよる時代でないでしょう。

インターネットで海外のニュースがタダで読め、動画まで観れる。
アマゾンで優れた洋書が、安価で手に入る。
(爺が若いころは洋書は倍以上の価格で、しかも取り寄せには3ヶ月もかかりました)

海外の英語を学びましょう!
しかも、ダダ。

2. こんなに怪しい日本の教材

2.1 基本がまちがってる

日本の教材がなぜだめか。

それは、基本から間違っているから。

明治時代の学者が研究したこ英語が、今まで伝承されているのです。

「中学英語に帰ろう」とか基本が大切と言う本があります。

「基本が大切」といいながら、基本がまちがっているのです。

たとえば、

He teaches English.
は、「かれは、英語を教える」ではありません。

「かれは英語の教師です」の意味です。

時制と冠詞が特に怪しいです。

TOEICは日本人の苦手な事が分かっているので、当然そこを突いてきます。

2.2 基本が何か知らない

世界で文型とかSVOとか言ってるのは日本だけです。

自動詞・他動詞なんて分類も変ですよね!

そう教えても構いませんが、どうでも良いことしか教えてません。

本当の基本を知らないからです。

2. 英語のニュースを聞こう! 洋書を読もう!

日本人の薦める学習法をは、日本の英語にこだわり過ぎだとおもいます。

日本人の書いた英文解釈。
日本人の書いた文法書。
日本人のかいた英会話。
日本人がかいた単語集。

もう、日本人の英語は卒業しましょう。

何処にいてもスマホで世界中のニューズが読める時代に、
なんでわざわざ日本人の教材で勉強するのでしょうか?

海外のニュースを読もう・聞こう

英語のニュースなら、VOAがおすすめ!

CNNやUSATODAYにくらべ、平易な英語です。
TOEICに対策に最適です。

文法書は洋書

それから、日本人のかいたTOEIC本も止めたほうが良いです。

つかって良いのは、英語の辞書。

最近の英和辞書はかなり信頼できるとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク