帰国子女・バイリンガルが入りやすい大学:一番は慶応大学法学部

慶應義塾

バイリンガルの大半は小学時代に英語圏ですごした人でしょう。
そんなバイリンガルにとって大学入試は大問題です。
日常の日本語はこなせても入試レベルの日本語は大変です。

おまけに帰国子女枠は帰国後5年以内が多いのです。
日本語が苦手なバイリンガルには、帰国子女枠は適応されないのです。

日本語に多少できなくて英語力だけで突破できる大学を紹介します。

内容はちょっと古いですが、覚えてることを書き留めます。

今後、調べて改廃します。

  1. 慶応大学法学部
  2. 入試は英語200点、社会100の2科目のみ。
    英語超偏重タイプ。
    英語が最高点なら社会が0点でも合格点になる。
    最難関と思われがちだが、英語が出来る帰国子女にとって最も入りやすい。

  3. 慶応大学経済学部
  4. 慶応法学部に比べ国語が増える。
    しかし、国語は帰国子女レベルでも英語でカバー可能。
    慶応法学部に次に入りやすい。

  5. 慶応大学SFC
  6. 優秀な人でもガンガン落ちる。
    反面、訳の分からない人が合格する。
    合格基準全くわからない大学。

    時間の無駄!

  7. 早稲田大学国際教養
  8. 日本人の教師が英語で授業する信じられないコンセプトの大学。
    アジアの学生を集めたいらしい。
    日本人が英語で教えている大学にくる人って???
    バイリンガルににとって入試は楽勝。
    (英語と面接のみ)
    だが行く価値なし。
    英語が得意で優秀な学生が多いらしいがコンセプトが間違い。

  9. 早稲田大学政治経済国際教養
  10. 政経のなかの国際部。
    一般入試に近いので日本語が苦手なバイリンガルには難しいだろう。

  11. 早稲田大学・所沢
  12. 興味なし

  13. 上智大学外国語英語学科
  14. 上智大学外国語学科の女子はずば抜けて優秀。
    私の時代は男女が同数の別枠だった。
    なんと授業も別!!
    そうしないと、全員女子になって学校のレベルが下がってしまうからだ。
    男子はMARCHレベルののに、女子は凄い!!
    男女の平均が、早稲田(政経)や慶応(経)より難しい!!
    どれだ女子は凄いんだ!

    男子でも出来る人(きっと例外)↓↓↓

  15. 上智大学・国際教養(旧・比較文化)
  16. 日本で唯一(?)英語で授業が行われている学校。
    上智大学と同じ経営だが、全く外国のシステムなので日本の法律上は各種学校扱い。大学とは認められていない。
    法的にはそうだが、大卒と認められる。

    お落ちる人はまれ。
    英語ができれば問題ない。

    英語で授業が受けたいならココしか選択肢はない。

  17. 国際キリスト教大学
  18. あまり知らない。
    かなり多角的に選考するので入学は難しいと思う。
    英語だけで一点突破とは行かない。
    皇室になるしかない?

  19. 筑波大学国際教養AO入試
  20. 4名だけなので難しいでかも。

    1/3が外人教師とのことで、
    英語で一般の科目の授業が行われてるのでは?
    と期待しました。

    大学に行って確認すると全員が英語を教えているそうです。
    英会話学校?

  21. 立教 AO入試
  22. バイリンガルだったらいれてくれる。

  23. 青山大学
  24. 多分楽。

以上、思い出すまま。

今後、調べて追加してゆきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク