懐かしの「古文研究法」の復刻版があった。

アマゾンをみてたら懐かしの「古文研究法」が復刻版がありました。

スポンサーリンク




1. 気になってた言葉

気にたちは今、古文なんで無駄だと思っているだろう。
しかし社会人になり外国とつき合うようになったとき、
古文を学んだことが役に立つ。

このような事が書かれていました。

外人とつき合うとき、本当に古文が役立つのでしょうか?

その当時、多分海外と仕事するとは思っていませんでした。

ただ、ムショウのこの言葉がホントか確かめたいと思いました。

2. 海外で

幸か不幸か、私は海外との仕事が多かった。

そして、海外駐在し現地で子育てもしました。

小西先生の言葉も確認できました。
あたりまえですが、

海外で必要なのは英語力

残念ながら、古文は役には立ちませんでした。

うちの妻はアメリカ人に「帰国すれば、お花とかお茶とかやるでしょ?」なんてきかれてましたが、
「全然! そんなものやったこと無い」といって驚かせていました。

古文研究法

まとめ

海外では役にたたなかったけど、「古文研究法」は好きでした。
古文なんて超苦手な私が、人並みの点数をとれていたのはこの本のおかげ。

この本が売り切れるまえに買いたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク