幼児を連れて海外旅行に行くならシンガポールがベスト!理由は3つ

私は息子が一歳の時、初めての海外旅行でハワイに行きました。
子連れの旅行は大変でした。
どうしても、行きたいならシンガポールをお勧めします。

D20 地球の歩き方 シンガポール 2015~2016 (地球の歩き方 D 20)

スポンサーリンク




1. シンガポールは安全

シンガポールが世界で有数な安全な都市です。
これが、お勧めする第一の理由です。

シンガポールは、高額の罰金と’むち打ち刑’により、’犯罪が割に合わない国’になっています。
ですから喧嘩などもほとんどありません。

しかし、油断は禁物です。
現地の新聞をみると、毎日事件は起きています。

2. 時差が少ない

時差は少ないのも、メリットです。
ハワイは距離はシンガポールと同じですが、時差があるので辛いです。

時差でフラフラになりながら、泣いてる息子をあやしてた辛い思い出があります。

オーストラリアは時差がなくて良いですが、フライトが長いのが辛いですね。

というわけで、シンガポールをお勧めします。

3. シティのホテルが超便利

シンガポールの魅力に一つはホテルです。

値段がリーズナブルで街に直結していて便利だから。

どうせ行くなら、高級ホテルを楽しみましょう。

私のお勧めはシティホールに直結した2つのホテルです。

シティホールとはMRT(地下鉄)の駅名です。
東西線と南北線が交わる巨大な地下駅です。
City Hallて市庁舎のことだと思いますが、近所にあるか知りません。

シティホール(駅)の上にある巨大なショッピングセンター(ラッフルズ・シティ)があります。
ショッピングセンターいうか、ほとんど街です。

レストランも高級からローカルフードまで揃ってます。
買い物も、ブランド品から雑貨・文具までなんでもあります。

ラッフルズシティの中だけで、シンガポール旅行の7割ぐらいは出来てしまう感じです。

3.1 買い物をするたび部屋に戻れる

買い物の荷物って結構かかさばるので、荷物を抱えながらの買い物は結構大変です。
Cityのホテルなら、買い物するたび部屋に戻れるのです。

これ、やってみると超快適です。

ホテル内のショップの様な気軽さで、ショッピングセンターが使えるのは便利ですよ。

大きなスパーやデパート、ブランドショップなど、ほとんど揃ってますから。

3.2 雨も日差しも気にしないですむ

シンガポールで注意して欲しいのは雨。

普通は1時間から2時間で止みますが、その保証はありません。

雨が降ると、タクシーは捕まりません。

個人で旅行するときは、MRT(地下鉄)で帰れるホテルにすべきです。

シティのホテルならこの点も最高です。

ラッフルズシティで買い物も食事もOKです。

観光にでかけても、一番帰りやすいと思います。

また、クソ熱いシンガポールで暑さ・日差しに無縁なのも良いですよ!

3.3 人の多さにうんざりしない

私はシンガポールは好きですが、あまりに人が多過ぎます。
長くいるとつかれて、すぐにコーヒー屋さんに行ってしまいます。

ラッフルシティのホテルもこの点でも最高です。

人混みに疲れたらホテルの部屋にもどって、くつろぐ。

部屋と巨大なショッピングセンターが直結してるのは、超便利です。

まとめ

旅行先って安全・便利で選ぶ訳じゃなく行ってみたい所です。

でも幼児を連れての旅行はやはり大変です。

シンガポールは有力な候補だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク