Mac: Homebrewのインストール

スポンサーリンク




1. パッケージ管理システムって何?

2. HomebrewとMacPorts、どっちを使うか?

3. インストール手順

ターミナルソフトを立ち上げ、次のコマンドをいれるだけでOK!

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

念のため、手順を追って、説明します。

参考にしたのは、ここ!

3.1 Homebrewがインストールされているか?

まず、「Homebrewがすでにインストールされているか」を調べます。

$ brew -v
-bash: brew: command not found

“brew -v”は、Homebrewのバージョン表示のコマンドです。

インストールされてないので、「そんなコマンドないよ」と帰ってきます。

3.2 Command Line Toolsのインストールは省略

つぎはCommand Line Toolsのインストールですが、省略しましょう。

どうせ、あとでインストールされますから。

3.2 Homebrewのインストール

インストールのコマンドは

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

このコマンドは頻繁に変わるようです。
古いメッセージをいれると

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)"
Whoops, the Homebrew installer has moved! Please instead run:

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Also, please ask wherever you got this link from to update it to the above.
Thanks!

のように表示されるので、新しいコマンドをコピペして使用してください。

(注意)
“cont-c”,”cont-v”でコピペができなくて焦りました。
でも、プルダウンメニューからコピー/ペーストを選ぶとできました。
試してください。

どのタイミングかで、パスワードを聞いてきます。管理者のパスワードを入力してください。

3.4 Command Line Tools のインストールを聞いてくる

Command Line Toolsがインストールされていない場合、
インストールするか聞いてきます。

‘YES’をクリックするだけ。

3.5 インストールの確認

インストールが終了すると、

Checking out files: 100% (3555/3555), done.
HEAD is now at 01a1021 faq: replace `brew upgrade` with `brew upgrade --all`.
==> Installation successful!
==> Next steps
Run `brew help` to get started

のように表示されます。

インストールの確認のため、バージョンを表示させましょう。

$ brew -v
Homebrew 0.9.5

バージョンが表示されれば、正常にインストールされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク