MACでPerlを動かしてみた! 入門未満

初めてのPerl 第6版

Perlって使った事がありませんでした。
参考のため、ちょっと触ってみようと思いました。
多分、MACのOSにはインストール済みだと思います。

スポンサーリンク




インストールされてるか調べる

まず、OSに標準でインスートールされてるか調べました。

$ perl -v

と、バージョン表示させると

This is perl 5, version 18, subversion 2 (v5.18.2) built for darwin-thread-multi-2level
(with 2 registered patches, see perl -V for more detail)

インスートールされてますね!

指示どうり

$ perl -V

も打ってみました。

なにやら、色々表示しますが面倒なので無視します。

コマンドラインから動かしてみた

コマンドラインに、

$ perl -e "print 'test dayo';"

のように打ち込み、実行。

$ perl -e "print 'test dayo';"
test dayo$

のように表示されます。

一番簡単な動作確認でした。

ファイルを実行してみた

つぎにプログラムのファイルをつくり、実行します

ファイルを作る

書きのファイルを作成した。
エディターで、下記のファイルをつくります。

test.pl

#!/usr/local/bin/perl
print "test dayo!\n";

ファイルをモード変更して実行可能に!

作りたてのファイルはUNIXの実行ファイルではありません。
実行モードを追加します。
私はeditorにCODAを使っているので、ファイルを選び、’情報’を表示させれば変更できます。

コマンドラインから

chmod 755 test.pl

としても、変更できます。

実行する

それでは、実行します。

$ perl test.pl

と入力すると、

$ perl test.pl
test dayo
$

と表示されます。
当たり前ですね!

プログラムを少しだけ難しく

つぎに、ホンの少しですがプログラムっぽくします。

プログラムを変更

つぎのように、プログラムを変更してください。

test.pl

#!/usr/local/bin/perl
$a = 3;
$b = 2;
$c = $a + $b;
print "答は $c です。\n";

プログラムを実行

では、実行してみましょう。

$ perl test.pl

つぎのように表示されればOKです。

$ perl test.pl
答は 5 です。

まとめ

以上のように、問題なく動作確認できました。
少しずつ、勉強していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク