MarsEditから「All in One SEO Pack」のSEOタグを入力する方法

MarsEditを使って効率よくワードプレスに投稿しても、
「All in One SEO Pack」のSEO 用 title , Desctipstion , keyword を入力するのは、面倒です。
WordPressの管理画面で入力するからです。

MarsEditで投稿したあと、ワードプレスの管理画面で(title, Desctipstion , keyword)を入力します。↓↓↓

投稿の編集 ZumZunの今日も日曜日 WordPress

MarsEditで投稿するとき入力できれば、どんなに楽でしょう。

と思って調べたら、なんと出来るのです。

ワードプレスのソースの変更が必要ですが、1行変更するだけなので簡単でした。

スポンサーリンク




1. meta.phpの変更

ワードプレスの ’/wp-includes/’中のmeta.phpを変更します。
変更といっても、一行書き換えるだけです。

変更前は

(WordPressのインストールディレクトリ)/wp-includes/meta.php

function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {
    $protected = ( '_' == $meta_key[0] );

    return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}

変更後は

(WordPressのインストールディレクトリ)/wp-includes/meta.php

function is_protected_meta( $meta_key, $meta_type = null ) {
    //$protected = ( '_' == $meta_key[0] );
    $protected = (( '_' == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, "_aioseop") !== 0));

    return apply_filters( 'is_protected_meta', $protected, $meta_key, $meta_type );
}

要するに

$protected = ( ‘_’ == $meta_key[0] );

$protected = (( ‘_’ == $meta_key[0] ) && ( strpos($meta_key, “_aioseop”) !== 0));

に書き換えるだけです。

2. Custom Fieldsの追加

つぎに、MarsEditのカスタムフィールドを追加します。

2.1 メニュー’Blog’のなかの’Edit Setting’を選びます

スクリーンショット 2014 11 18 21 45 12

次に

2.2 次のメニューのがでてきます

Zumzun com Settings と MarsEdit

次のメニューのがでてきます。
矢印1(Custom Fields)をえらび、
矢印2(+)を押します。

2.3 Custom Fieldを入力します。

  • _aioseop_title
  • _aioseop_description
  • _aioseop_keywords

“MaesEdit Label”は好きなように入れて構いませんが、長さに制限があります。

入力が終わったら、”OK”をおしてください。

3. MarsEditの投稿画面

以上の設定で、MarsEditの投稿画面は↓↓↓のようになります。

MarsEditから All in One SEO Pack のSEOタグを入力する方法

「All in One SEO Pack」のSEO 用 title , Desctipstion , keyword が
MarsEditの投稿画面で入力できる様になりました。

4. ついか

ワードプレスのソースを書き換えていますから、ワードプレスがバージョンアップするたびにmeta.phpを変更する必要があります。

ネットでしらべるとmeta.phpを変更しないでプラグインを使う方法が紹介されていまが、そのプラグインは現在リンクがきれていてありません。



スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク