幼児英語教育:98%の失敗例と2%の成功例はココが違う

子供・幼児の英語教育に関する関心は年々高まっています。

スポンサーリンク




1. 幼児・子供の英会話スクールは殆ど無駄

子供に早期英語教育を考えると”英会話スクール”を検討すると思います。

しかし、それが役にたったとの話を聞いたことがあるでしょうか?

残念ながら、殆ど効果は無いのです。

無論、やらないよりマシでしょう。
しかし、殆ど効果はないのです。

2. 子供が自然に英語を身につけられるのは3才まで

「子供は驚く程早く自然に英語を身につける」
日本人はこのフレーズが大好きです。

「医学的に言語習得能力は3才で殆ど消滅する」そうです。
3才以降の子供の習得は極めて困難なのです。

ところが、「子供は英語習得が速い」との錯覚を信じて、
安直に英語を学ばせるのです。

3. 学習に適する年齢は10才以降

子供英語教室では、当たり前ですが英語を教えます。

ところが10才以下の子供は、まだ学習能力が無いのです。

いくら、英語を教えても記憶できないのです。

4. 3才から10才までの子の英語の上達は驚く程遅い

「自然の言語を身につける能力」は3才で終わります。
「英語を勉強する学習能力」は10才から。

3才から10才の子供は、このどっち付かずの状態で、英語の上達が極めて遅いのです。

かなり理想的な状態(「日本人の生徒がいないNativeだけの学校」に入った状態)でも4年かかるのです。

「話せないが聞ける」状態になるのに2年。
「話せるようになる」のに2年。
計4年はかかるのです。

それに比べて、大人は速いのです。

海外に1年住んで、英語で困っている人はいません。
ちょっと発音になれて、生きていくのに必要なフレーズを覚えます。

「英語が上手い」とはいえませんが、生活に困らない程度に、1年でなれるのです。

大人は1年、子供は4年かかるので。

これは、日本人がいないNativeばかりの学校に入れた場合のことです。

英会話スクールーで週に数時間勉強しても、効果は殆どゼロです。

島崎遥香ファースト写真集 『ぱるる、困る。』

子供にはNativeの家庭教師を

「3才で言語能力の殆どが失われる」そうですが、10才程度までは少し残っています。

「Nativeと直接英語で話す」のは効果があるのです。

10才までの子供は「英会話スクール」ではなく「Nativeの家庭教師」を雇うべきです。

まとめ

  1. 大人に比べて子供の英語習得は極めて遅い
  2. 子供には「英会話スクール」でなく「Nativeの家庭教師」を
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク