仕事で英語を使うなら、「丁寧な表現」を知らないとアホだと思われる。

仕事で英語を使うなら丁寧表現は必須です。
でも、”May I –?”と”Would you —?”の2つだけで大丈夫!

ビジネス英語の新人研修 Prime5 敬語マスター! (ビジネス英語の新人研修Prime)

↓ これだけ知ってれば、生きていける。

丁寧度|Iが主語|Youが主語
–|–|–
丁寧|May I ~ ?|Would you ~ ?
普通|Can I ~ ?|Can you ~ ?
命令||Will you ~?

スポンサーリンク




1. 「お名前は?」は”May I have your name?”

1.1 相手が客なら”May I ~?”

ホテルのチェックインで、”Can I have your name?”と聞かれることはありません。
必ず、”May I have your name?”です。

“Can I ?”も”May I –?”も丁寧な表現ですが、レベルが違うのです。

“Can I ~?”は、自分が客の時の丁寧な言葉。
“May I ~?”は、お客に対する丁寧な言葉です。

使用例
“May I have your name?” 「お名前は?」
“May I have your name card?” 「名刺頂けますか?」
“May I have your number?” 「電話番号、教えて頂けますか?」

1.2 こちらが客なら”Can I(/You) ~ ?”

レストランで料理を注文するとき、
“May I have a cheese burger?”では丁寧すぎます。
こちらが客のときは、”Can”の方が適切です。

“Can I have a cheese burger?” 「チーズバーガーお願いします。」
“Can I use credit cards?” 「クレジットカード、使えますか?」
“Can you call a taxi for me?” 「タクシー呼んでもらえますか?

サイテーなのは、”What’s your name? “
これは、「君、名前は何だい?」って感じ。
ビジネスでは絶対使ってはイケません。

2. “Will you ~ ?”は絶対にダメ。”Would you ~?”

「〜して下さい」の意味で、”Will you ~?”は絶対に使ってはイケません。
これは、命令形です。
“Will you close the door?”「ドアを閉めてくれ給え」

“Will you ~?”「してくれたまえ」
“Can you ~?”「〜してくれるかな?」(こちらが客の場合の丁寧語)
“Would you ~?” 「〜してもらえませんか?」(丁寧語。相手が客の場合など)

3. だそく

「英語に敬語は無い」と思っている人が多いのですが、そんなことはありません。
残念なことに英会話の本にも詳しく載っていないようです。

しかしこれを間違えるとバカだと思われるので、
しっかり覚えておいた方が良いですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク