ジジイが丁寧に説明する「子供の英語教室が役に立たない理由」

教室で大活躍!『英語の歌&アクティビティ集』 (子ども英語BOOKS)

1. 自然な語学習得能力は3歳で失われる。

子供の英語教室に通わせる親って、みなこう思ってるのでは?

子供の語学習得能力は素晴らしい。
手遅れにならないうちに、早く英語を始めなきゃ!

まあ、焦らずに!
落ち着いて回りを見渡してください。

あなたの周りで子供英語教室で英語が上達した子供がいるでしょうか?
だれもいないでしょ!!

どんなに英会話学校の宣伝が素敵でも、だれ一人も上達しないのです!

「こどもの語学能力は高い」って、よく言いますよね!
それって、3歳までなんです。

「3歳でガラガラ蛇の毒と同じ物質がでてきて脳の語学能力を壊す」そうです。

実にインチキ臭いはなしですが、某国営放送スペシャル「人体 ミクロの大冒険」って番組でした。
某国営放送はあまり信用できないけど、ゲストがなんとノーベル医学賞の山中教授ですよ。
そりゃ、あなたの町の英会話学校より絶対信用できまっせ!

2. 本格的な学習能力が育つのは10歳以降だ。

「自然に英語を身に着ける」ことが無理でも、やっぱり小さい頃から英語をやったほうが有利では?

と思う人も多いと思います。

もう一度言いますが、周りを見てください。
英会話学校が役に立ってる子供なんて、いないでしょ!

10歳以下の子供は学習能力が無いのです。
ですから、小学校低学年の子供に英語教えても無駄なんです。

ですから、子供の英語教育って難しいと思います。
3歳以降は、言語取得能力がない!
10歳以前は、学習能力がない!

ですから、3歳から10歳の英語教育は難しいと思いますね。

3. バイリンガルは10歳できまる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク