危険!貴方の「拍手」は「ウ◯コ」と聞こえる(RとLの発音)

RとLの危険な発音10個:貴方の「拍手」は「ウ◯コ」と聞こえる!

オドロキモモノキ英語発音 子音がキマればうまくいく

スポンサーリンク




1. クラップ

ClapとCrap:’単語の途中のL’は’r’に聞こえます。

不用意に’clap’と発音すると、’ウ◯コ’に聞こえます!

かなりヤバイです!

‘Clap your hand!’と歌う時には注意しましょう!

2. readyとlady

‘単語の先頭のR’はLに聞こえます。

‘Are you ready?’と聞いたつもりが、’Are you lady?’

アメリカ人は絶句でしょうね!

3. billとbeer

日本人が、’Bill, please.’と言うとビールが出てくる。

有名な話ですが、私の友人も経験あるそうです。

私はいつも、
‘Check, please.’
を使っています。

4. long とwrong

カタカナでは両方ともロング。

私は”wrong”を’long’と聞き違えて、大失敗しとことがあります。

5. リバー

日本人のリバーは、絶対’river(肝臓)’に聞こえます。

リバーサイドホテル
素敵なホテルですね!

6.リーガル

legal(法律の)とregal(王の、堂々とした)。
両方、日本語になっているので注意が必要です。

「この件はリーガル(法務部)に任せましょう」とメールにかいたつもりが、
“R”を使ってしまいました。

ワープロのスペルチェックでは、わからないから大変です。

RとLの間違いは、スペルチェッカーで検出できないので注意が必要です。

7. ロイヤル

これも両方とも、日本語になっています。

loyal(部下の)とroyal(王の)では、まるで逆の意味です。

単語 意味
royal 王の、堂々とした、王家の
loyal 部下の、忠実な

“I have a loyal friend.”(私には、信頼できる友人がいます。)

LをRに変えると
“I have a royal friend.”

← click!
私には、皇室に友人がいます。

8. ライト

‘right’や’write’はlightに聞こえます。

9.ラック

  1. lack
  2. luck
  3. rack
  4. ruck

日本語の発音は’luck’に聞こえます。

10. ロー

  1. law
  2. low
  3. raw
  4. row

補足

RとLの紛らわしい単語は膨大にあります。

あまり多すぎると、やる気がなくなるので、とりあえず重要な10個選びました。

まずこれからスタートする事を、お勧めします。

RとLは、日本人の持病のようなものです。
焦らずに、コツコツやるのが良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク