気を付けて!クリスマスカードを送るのは非常識。本当だよ!

クリスマスカードは、クリスチャンどうしだけ!

相手の宗教を尊重して、”メリークリスマス”とは書かない!

クリスマスカードを送ると、無神経・非常識と思われます。

“メリークリスマス”でなく、”season’s greetings”が一般的です。

Seasons greetings

いつから、クリスマスカードを送る事が不常識になったのでしょう?

ネットで調べても全然、出てきません?

ひょっとして、日本人って「クリスマスカードを送る事が非常識」って知らないの?

  1. クリスマスカードをやりとりするのはクリスチャンどうしだけ!
  2. その他のひとは、シーズングリーティングにする

スポンサーリンク




1. クリスマスカードはクリスチャンがクリスチャンに送るもの

1.1 ひょっとして知らないの?

ネットで調べても、あまり書かれていません。

ひょっとして、知らない人が多いのでしょか。

でも少しありました。ここ↓↓↓

ビジネスでの取引先にもクリスマス・カードを送る場合に、特に注意する点があります。それは、相手の宗教です。日本では誰彼かまわず安易に送りがちですが、基本的に、クリスマスを祝うのは、クリスチャンのみ。
現在の世界情勢で、イスラム教の人達や、ユダヤ教徒の人達に、クリスマス・カードを送ることは、実は、極めて失礼な行為にあたります。特にビジネス上の取引のある会社宛の場合には、受け取る人の宗教を考えて、慎重にすべきです。日本人が考えるほど、宗教の違いは、寛容なものではないのです。(Christian以外の人へのChristmas Cardは文化的非常識と覚えておきましょう。)
ですから、ビジネスでの取引先に送るクリスマスカードとしては、Season’s Greetings,(季節のご挨拶状)もしくは、New Year Cardとして送るのが、無難であるといえます。

1.2 会社に来ているクリスマスカードを調べてみよう。

海外から来るクリスマスカードをみて! 
メリークリスマスとは書いるのはないでしょう。

ちょっと、心配になって紀伊国屋のカード売り場に行ってみました。

やはり、クリスマスカードが売られています。

これを、アメリカに送っているひとがいるのでは?

心配です。

まとめ

このような、宗教的な問題って難しですね。

理屈じゃないのです。

だって、学校ではクリスマスにクリスマスソングを歌ったりしてますから。
セントパトリックデーにはグリーンの服きて学校に行くなんて、宗教と関係なく行ってます。

彼らが現在どう思っているかに、従うしかないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク