初心者の為のシングリッシュ入門:

英語はアジアで学べばうまくいく

スポンサーリンク




入門編

1. ラ!

シングリッシュといえばこれ!

La!

「です」のような意味。

‘This One ,la!’

といえば、「これです」の意味。

「これ買いなさよ!」と言いたいときは、

“This one buy, la.”

文法なんか、全くいらない!
単語並べるだけ!

超簡単でしょ!

2. ネバ・マイン

‘Never mind.’のことです。

英語の’Never mind.’は、話題を変える時使います。
「そのことはさておいて。そころで —」
のような感じ。

シングリッシュの「ネバマイン」は日本語の「気にすんなよ!」の意味。
本当の英語の意味より、単語の意味の通りです。

でも、文句言われた時も「ネバマイン」って使います。
どんな意味なんでしょう?

やっぱり変だぞ、シングリッシュ!

3. カ?

‘カ’をつけると疑問文になります。

‘This one ok, ka?’
これ、大丈夫ですか?

単語並べて、’カ’をつけるだけ。

すごいぞ、シングリッシュ!

4. ドワン

‘Don’t Want’です。
「いりません」の意味で使います。

「ドワン カ?」と「いらないの?」と意味です。

「コーヒーどうですか?」って進めるときも、
「コーヒー、ドワンカ?」

「ドワン」が英語って、すごいですね!

僕が聞いた、一番すごいのがこれ!

ブリッた女の子が「いや〜ん」と言う感じで「どわ〜ん」と言ってました。

すごいぞ、シングリッシュ!

5. キャン

シンガポーリアンに「できる?」ってきくと、’Can Can!’と答えます。

思わず、犬になったのかとビックリしますが、「出来る、出来る」と言っているのです。

多分、漢文の「可 可」なのでしょう。

「できますか?」は「キャン カ?」
「できますよ!」は「キャン ラ」
となります。

簡単ですね!

すごいぞ、シングリッシュ!

応用編

カーパーフー

駐在の人に「カーパーフー」って言うと、きっとわかります。

「駐車場、満員ですよ!」って意味。
‘Car park full’です。

ピッポッパ

これが分かるひとは、達人レベル。
私と同レベルです。

“Peoples Park Complex”
シンガポールのチャイナタウンです。
“Peoples Park”と発音してるのが、ピッポッパと聞こえます。

これが聞き取れるようになったとき、上達を実感できました。

すごいぜ、シングリッシュ!

バットー

えー?Bat?
それとも、’But’

違います!
鳴き声が綺麗で、卵を産む。

そうです、birdのことです!

わけがわからん!シングリッシュ。

タットー

タットーってひょっとして刺青?

スープに入れて美味しい?
背中が硬い?

ますます、わかりません。

ついにわかりました。
「すっぽん」のことです!
‘turtle’と言ってるつもりです。

あまりに、違うので「発音辞書」を聞かせてあげました。
「これは、アメリカンイングリッシュだ」と言い張ります。

やっぱり凄いぜ、シングリッシュ!

チョッピーン

これ、ショパンのこと!

日本語のショパンも通じないけど、チョッピーンはないでしょ!

すごいぜ、シングリッシュ!

まとめ

はじめてシンガポールに行った時、あまりに英語がわからずに困りました。

自信がなくなり、落ち込みました。

6ヶ月ほどで、慣れます。

アメリカ人に聴きいても、6ヶ月かかるそうなので、誰でも6ヶ月かかるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク