シンガポール人をつれてイギリス行ったら、彼らの英語は全く通じなかった!

シンガポールの教育と教科書

シンガポールへ子供の教育のため、移住した人がいる。

シンガポールでは、英語も中国語も学べるだって!!

そんなわけないでしょ!!

シンガポールの英語は、Nativeに通じないよ!

だいたいシンガポール人って中国語、苦手だし。

スポンサーリンク




1. シンガポールの英語はアメリカ人にもイギリス人にも通じない!

10年以上前のことですが、仕事で6名のシンガポーリアンとイギリスに出張することになった。
実は出張の前、突然彼らは出張日の増額を要求し険悪なムードになった。
私は下っ端だけど彼らは、私を経営陣として敵対してくる。
飛行機の中で、

イギリスに着いたら、お前は英語が通じなくて困るだろう!
俺たちは、助けてやらないからな!

と、脅してくる。

上等じゃないか!!

シングリッシュ対ジャパニーズイングリッシュの対決だ!

結果は、私の圧勝!!

シングリッシュは、全く通じない!

レストランで注文も通じない!
クロワッサンを頼もうとしてるのだが、全くダメ!!

“クロワッシュ”、”クロワッシュ”と連呼しながら、
焦って、顔が赤くなっている。

ざまー、ミロ!!

日頃、温厚な私ですが、
一切手助けせず、彼らの悪戦苦闘を見てるだけ。

バカなシンガポーリアンって「日本人は英語が下手。シンガポール人は英語がうまい」と信じてる。
そして、バカな日本人もそう思ってるんだ。

普通は温厚で知られる私ですが、切れると凄い!
イギリスでの1か月、徹底的に見捨てました。

シンガポーリアンはどこでもバカ扱いです。

その一方イギリス人は私には、丁寧に接してくれます。

まあ、常識ある英語を喋ってるからね。

それと服装。
私は、コートはアクアスキュータム。
ブレザー、スラックスはバーバリー。
カバンから靴まで、高級品。

まるで、金持ちのビジネスマン。
本当は、エコノミーマンだけどね。

というわけで、
「シンガポールの英語が通じると思っているのは、おバカさん」ってお話でした。

シンガポールのおバカさんって、英語ができると思ってるのよね!
まともな人は、英語できないと思ってるけど。

実は私、彼の英語がどれほど通じるか興味があった。
アメリカ人に聞くと、シンガポールの英語が分かるのに6か月かかるって言ってるから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク