統一指針「英検準一級の義務化」:英語べたは教師の英語力が原因か?

文部科学省が「中学と高校の教員には英検準1級程度の力を持たせることをめざす」指針を発表しました。

英語教員の教職課程に統一指針 英検準一級目標に

小中高校生の英語力を高めるため、文部科学省は英語教員の育て方の改革に乗り出す。特に中学と高校の教員には英検準1級程度の力を持たせることをめざす。27日、大学の教職課程で身につけるべき能力やそのための授業内容などについての指針(コアカリキュラム)案を公表した。

このコアカリキュラムは、英語で授業ができることを目標に、「聞く・読む・話す・書く」の4技能をバランス良く習得することを重視する。英語を使った討論や論述のほか、英語で生徒とやりとりする模擬授業などを経験させることを想定。指導力アップにもつながるという。

朝日新聞デジタル(2016年02月27日)

「やっぱ、わかってないな! 問題は先生の英語レベルじゃなくて、文科省だよ」

1. 目標設定として英検準一級は適切か?

2. 教師が全員、準一級もってたら、生徒の英語力はアップするのか?

3. 「聞く・読む・話す・書く」の4技能をバランス良く習得することは絶対に不可能


4. 日本の英語力を画期的に伸ばす方法

2016年度版 英検準1級 過去6回全問題集CD (旺文社英検書)

4.1 各学校が独自の教育法を実施できるようにする

4.2 Nativeによる英語の授業を増やす

4.3 英文法の教科書を洋書にする

4.4 文学・

4.5

4.6

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク