e-Taxを会場で : 無収入だけど確定申告をした。

私は無収入ですが、退職金の一部を企業年金として受け取っています。
これからは税金が天引きされていますが、確定申告で取り戻せます。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

スポンサーリンク




1. 確定申告でお金が戻る人

「確定申告が必要な人(しないとイケない人)」についての説明は多く見られますが、「確定申告したほうが良い人(しなくて良いけど、するとお金が戻る人)」の説明は少ないようです。

私も退職後、数年間も面倒なので確定申告しませんでした。

ところが確定申告をすると、??万も戻ってきました。

無収入でも企業年金などで税金を天引きされているひとは、確定申告しないと損ですよ!

2. e-taxってどうよ?

「書類を作って税務署に提出」って、面倒そうですよね!
「家で、パソコンから申告できないのか」
と、誰でも思いますよね!

さすが国税庁!
我々庶民の為に、便利なシステムを開発してくれています。

それが、e-Tax。これ ↓↓

やって見るとわかりますが、ちょー使いづらいです。

まあ慣れればOKでしょうが、年に1回では慣れるはずがありません。

3. 確定申告の会場に行ってきました!

私の住んでる市では、確定申告の時期に特設会場が設けられます。
ここでは書類の受付だけでなく、e-Taxによる申告も行えます。

人がついて教えてくれるので、何も知らなくても大丈夫です。

私が持っていくのは

  1. 企業年金の受け取り証明書(確定申告用に送ってきたもの)
  2. 国民年金の払込書(確定申告用に送ってきたもの。私と妻のモノ)
  3. 国民健康保険の払込書

国民健康保険って控除対象です!

私は知らなかったので数年分、損をしました。
(5年以内なら修正届けをだせば、修正できるそうです)

生命保険、10万を越したの医療費も控除になります。

会場は混み合ってるので、多分1時間〜2時間程度かかると思います。

待ち時間は長いけど、入力は10分程度で終わります。

アルバイトのお姉さん(今年はお兄さんだった)の言うとおり入力するだけ。
超簡単です。

その後、係のオジサン(税務署員?)がチェックして印を押してくれます。

自宅でe-Taxするより、気が楽だと思います。

4. 自宅でe-Taxするには

自宅てe-Taxするには、住基カードを作る必要があります。

またカードを読むためには、カードリーダが必要になります。

なんとこのカードリーダー、接触式と非接触式があるそうです。

市毎に違うので、買う時は注意が必要です!

尚、日経のニュースによれば、2017年よりカードは不要になるそうです。
携帯電話による確認になるそうです。

ちなみに私は儲かった場合に備え、この本↓↓をよんで税金について勉強しています。
税金を払うように成りたい!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク