TOEICに関する誤解の全て

  1. 韓国人はTOEICが凄い!
  2. 日本人と同程度です

  3. TOEICは4000語知ってれば高得点が取れる
  4. 4000語レベルの人は400点。高得点を取る人は1万語レベルの語彙があります。

  5. TOEICの文法問題は簡単だ。受験英語がわかればOK
  6. 受験英語は400レベルです。
    高得点はとても無理です。

  7. TOEIC満点は努力すれば日本人でも可能だ
  8. ほとんど無理です。
    帰国子女でも少数です。
    Nativeでは、一流大学に進学する高校生程度のレベルです。

  9. TOEICはビジネス英語だ
  10. Nativeの小学生レベルのテストです。
    ビジネス英語をしらなくても900は取れます。

  11. TOEICはコツを掴めば高得点がとれる
  12. TOEICは「英語の実力を調べる専門家」が作っています。
    英語の実力以上の得点は取れません。
    しかし、TOEICの問題になれないと大きく点数を失うことがあります。

  13. 東大生のTOEICの平均は800
  14. 東大生を任意に選びじゅけんされれば600点位下です。
    TOEIC受験者の東大生の平均は800程度かもしれませんが。
    「TOEIC受験者の東大生の平均」≠ 「東大生のTOEIC平均」

  15. TOEIC900でも喋れない人がいる
  16. 某大学の帰国子女でTOEIC930点以上の英語のクラスがあります。
    普通に話せる人・デタラメをしゃべりまくる人・全く話さない人。
    この3タイプが同じくらいいて、どんなレベルか全く言えないそうです。
    しかし900レベルの人が普通の日本人からみて、英語が話せないレベルだとは思いません。

    TOEICはreadingとlisningだけの試験ですから、話すレベルは全くわかりません。

    帰国子女じゃなく900に達するひとは、流暢でなくとも相当正確な英語をはなします。

  17. TOEIC満点990でも話せない人がいる。
  18. さすがにそれはありません。

  19. TOEIC満点のひとがかいた本は役に立つ
  20. やくにたちません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク