非難覚悟で書くけどTOEICスコアの大まかな目安

TOEICスコアについて、あまりにも間違った情報が飛び交っています。
多くのひとは否定するでしょうが、現状はこんなものです。

スポンサーリンク




1. どんな人が何点とるか?

TOEICスコアの概略

TOEIC どんな人?
~300 英語が苦手なひと
300~ 日大生
400~ 早稲田・慶応生
500~ 東大生、中学英語教師
600~ 高校英語教師、TOEICの社長
700~ –真空地帯–
800~ 帰国子女(高校がアメリカ)、翻訳者
900~ 帰国子女(小学校がアメリカ)、アメリカ人

2. 会社でのTOEICスコア

会社に入り英語を勉強する人は、600超えてきます。
1つの課に数名でしょうか。
一応600程度で英語がちょっと出来る奴と思われます。
大手企業では課長の要件として、600を設定したいところです。

TOEIC 会社員
~300 英語が苦手なひと
300~ 英語が苦手とわからない人
400~ 普通
500~ 普通
600~ ちょっと出来るレベル
700~ ちょっと出来る+
800~ ちょっと出来る++
900~ かなり出来る

履歴書に書いてアピールできるのはTOEIC600点からです。
これは、技術部とか経理部など直接英語が必要ない部門です。
商社や海外営業はこれより難しくなります。

3. まとめ

TOEICは英語の実力をはかる、優れたテストだと思います。
正しく自分を評価すれば、正しい対策がたつと思うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク