TOEICのスコアと語彙数は正比例! TOEIC400点は4千語

TOEICのスコアと語彙数は正比例すると言われています。
スコアを10倍すると語彙数になります。
しかし語彙を増やしても、TOEICのスコアは上がりません。

TOEIC TEST英単語スピードマスター


スポンサーリンク




1. TOEICの得点と語彙数は比例する

「TOEICの得点に100を掛けると語彙数になる」といわれています。

(語彙数) = 100 × (TOEICのスコア)

この関係をグラフ化して見ました。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin


2. 各レベルの語彙力

2.1 300点以下の人

英語がちょっと苦手な人たちがこのレベルです。
“afford”,”available”などの3,000語レベルの単語を知らないレベル。

2.2 500点前後の語彙力

日本の英語教育を普通にマスターするとこのレベルになります。

このレベルの人は5千語程度の語彙があります。
しかし語彙のほとんどが、日本語から得られたカタカナ英語です。

2.3 730点以上の語彙力

1万語程度の語彙力があります。
また下記のように

  1. address:対処する、スピーチしる
  2. head:〜に向かう、〜を率いる
  3. budget:安価な

カタカナ英語の意味でなく、Nativeが通常つかっている意味を知っています。

3. 語彙力をアップしても得点があがらない

1万語の単語を暗記すればTOEIC高得点が取れるのでしょうか?

残念ながら、そう簡単にはいかないのです。

1万語を覚えるくらい本を読まないと高得点は取れない

TOEICは基本単語が多く出題されます。
ところが、address(対処する)、head(部門を率いる)、cut(削減する),lift(中断する)などの意味でつかわれます。

1万語が身につくように英語を勉強すればこれ等は自然に身につきます。
しかし1万語を暗記しようとしても、これ等の単語の意味は覚えないでしょう。

TOEICはこのように、ニュースを読める人しか点数が取れないように出来ているのです。

5. まとめ

  1. TOEIC 高得点にはニュースを読める単語力が必須
  2. 単語集で語彙力をアップできない
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク