英会話:「たった2語でペラペラ話せる凄いワザ」 教えます!

“wright”と”really”のたった2語で何時間でもはなせます。
話しかける時は’Wright?’。
相手がはなしたら’Really!’。
これだけで会話が弾みます。

スポンサーリンク




「ライライおばさん」のすごい技

日本人のおばさんと、アメリカ人のお宅に行った時の事です。

彼女は家にはいるなり「オー、ビューティーフル・ハウス、ライ?」
娘さんを紹介されるなり「オー、ユア ドーター ベリー キュート、ライ?」
紅茶を出されると「オー、ナイス カップ、ライ?」
そして、クッキーを出されると「オー、デリシャス、ライ?」

すごい技だなと関心しました。
単語ならべて、「ライ?」を加えるだけ!
これだけで、何時間もやり通してしまうのです。

“Really”だけで何時間を話せるとイギリス人が言いました

知り合いのイギリス人が言いました。

「日本人って英会話学校がすきだよね。
学校なんか行かなくっても会話なんかできるのに。
ズーッと’Really!’って言ってれば良いんだよ。
それだけで、何時間も話せるよ。」

こんな手があったとは!
相手が話すと、”Oh, Really?”って相槌うてば良いんだ!

この2つを組み合わせると最強の会話術

私は遂に発明したのです。

この2つを組み合わせると最強の英会話になる

“Hi, Jim. New shoes, wright?”
「あー、このテニスシューズね。先週、買ったんだよ。」

“Oh, really! It Expensive, wright?”
「ちょっとね。でもクイーンズ・ショッピングセンターで買ったから。
ほら、あそこって他より安いんだ。」

“Oh, really! It Good, wright?”
「そうだね。結構よいと思うよ」

と、こんな風に「wrightとreally」だけで、何時間でもペラペラ話せます。
是非試して下さい。

まとめ

このタイトルは「釣り」です!
インパクトあるタイトルを狙いました。
でも書いたことはホントです。

文法なんか知らなくても使えるワザなので気楽ですね!

「作文しなくちゃ!」と考えず、単語を並べるだけ。
この方が自然に話せるのでは?


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク