早稲田・国際教養学部:日本人による英語の授業って変じゃない?

スポンサーリンク

早稲田大学(国際教養学部) (2016年版大学入試シリーズ)

帰国子女の大学受験。

結構、悩みますね!

他人から見れば、「帰国子女枠でうまいことやってる」って思われがち。

でも、帰国子女枠て帰国後1年と2年。

もう6年も経ってると、帰国子女じゃないんですね!

まともに受験して、日本人にかなうはずがない。

それでも、なんとなく慶応とか早稲田ぐらいに行きたいと思います。

そこで候補に上がるのが、慶応のSFCと早稲田の国際学部。

で、家の子も早稲田の国際学部のオープンハウスに行ってきました。

日本人の教授が英語で授業する。

これって、どう考えても無理でしょ!!

うちの子は少し授業を聞いたけど、気分が悪くなって出てきたそうです。

日本人の教授が英語で授業する。
英語で授業するから、アジアの学生もくるだろう。
わーい!これで国際学部だ!!

これって、どう考えてもおかしいいでしょ!

なんで、日本人が英語で授業してる学校にアジアの人がくるの??

アジアの学生が日本にくるのは「日本語を学びたいからでしょ!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク