高校受験に失敗した。僕を待っていたのは、地獄だった。

小・中学校の頃、親も学校も呆れるほど勉強嫌いだった。 

宿題なんか書いた事がなかったが、親にも先生にも文句を言われた事がなかった。

みんな、諦めていたんだ。 

そんな僕だが、成績は上位10%ぐらいだった。そして、県でNo1の進学校を受験した。

危ないとは思ったが、僕の学区では普通課は県No1の高校だけだった。 
それしか選択肢がなかった。

結果は、不合格!

不合格で呆然としている時、気休めにヤクザ映画を見に行った。

ヤクザ

映画の中では、簡単に人が死んでいった。

僕の不合格なんて、ちっぽけな悩みの様に思た。

しかし、すぐに放心状態に戻った。

一週間程で少し楽になったが、それは地獄の始まりだった。

不合格

1. 約束は、全てウソだった!

不合格で呆然としてる時、新設の私立高校から誘いがあった。

「進学に力入れて、退職した進学校の先生も呼ぶ。」

それが嘘だってことは、子供の僕にもわかった。

しかし不合格で傷ついた心には、誘ってくれるだけでも有り難かった。

学校に行ってみると予想以上に酷かった。

呼んでくると約束した先生はいない。

生徒はバカばかりなので、授業も1年間で2ページしかやらない有様だ。

そんな授業に付き合える訳がなく、全部の授業で独学することになった。

まいったのは先生が授業を聞けと、独学の邪魔をしてくる。

一年に2ページしか進まない授業に付き合える訳がない。

勉強の助けにならなくっても、せめて邪魔だけはするな!

2. 周りから「白痴」と思われる。

高校に進学してしばらくすると、人の視線が辛くなってきた。

親戚も近所の人も、まるで白痴をみる目でみるのだ。

まるで幼児に話かける様に、ゆっくり話すのだ。

「あら、お使いに行ってたの。いい子ね〜ェ。」

これには参った。

誰も「一流高」に運悪く落ちたと思わず、バカと確信しているのだ。

僕は部屋に閉じこもる様になり、日めくりのカレンダーに卒業までの日数を毎日書き込んだ。

その頃、「巌窟王」の話を読んだ。涙が出てきた。

3. 進学高の中間テストは、0点だった。

僕には、妙な自信があった。全く勉強しないで、上位10%いた。

ちょっと勉強すれば、かなり良い線に行くのでは。

中学のときは数学の公式なんか「うろ覚え」。それが今は、高校の難しい公式もなんとか覚えている。

これだけ勉強してるのだから、進学校で上位になのでは?

初めての中間試験の時、進学高に進んだ友達が試験のコピーを持って来てくれた。

全くわからない! 0点確定!

聞けば「平均点60点、赤点40点」

私は赤点どころか、ダントツのビリ確定!

自信は脆く崩れ、涙が出て来た。

僕の人生って、これからどうなるだろう。

4. 「花は桜木、男は明治」と叫びながらやってくるオバはん

親戚のオバはんが週に2回ほど、息子の自慢にやってくる様になった。

どんな親戚か知らないが、明治に行った息子のが自慢らしい。

耳が遠くて人の話は聞こえないらしく、一方的の大声で話す。

家中に響き渡る声で、僕は勉強出来なくって困った。

母親は落ち込コミも怒りもしないで、平気で話を聞いていた。

初めて「うちの母ちゃんは偉い!」と思った。

母のためにも、「絶対に、旧帝大か早慶に行くぞ」と誓った。

5. 血塗れの教室

さすが県No1のDQN高だけあって、校内暴力も酷かった。

僕は別格だったので巻き込まれなかったが、目を付けられないか心配だった。

忘れ物を取りに教室に戻ると、喧嘩していた二人が逃げ出してきた。

シャツは血塗れで、教室の床には点々と血痕がついていた。

こんな生徒たちだが、卒業後は真面目な職人さんになってる人が多い。

みんな社会ではちゃんと出来るのだから、学校がもっとシッカリすれば良いのにと思う。

6. DQN高の教育レベル

DQNの高校だったけど、ほとんどの人は普通。

話しても、別にアホじゃない。

中学校のテキストを持って来て、どこで躓いてるか調べて見た。

英語は、”This is a pen.”はわかるけど、”That is a pen.”はわからない。

数学は、分数の計算が全く出来ない!

要するに小学校ですでに挫折し、中学校の勉強には全く理解出来ないレベルだった。

それでもみんな、Fラン大学と言われる大学に進学した。
Fラン大学

7. 東大生を家庭教師に

高校1年の夏休み、母が親戚の東大生に家庭教師に頼んだ。

全く笑わない数学マシーンの様な人だった。

僕は自分のレベルがバレるのが恥ずかしかったので教えて貰わず、僕が用意した数学の問題を解いてもらった。

彼は問題をみると、数分じっと作戦を考える。

「この3つの解法を思いついたけど、多分1と2は途中で解けなくなる気がする。一番可能性が高いのは3だから、3で計算してみよう」

とか言って、解き始める。

式を変形しながら「ここで必要十分条件が崩れるから」とか意味不明の事を呟く。

彼は鉛筆を使わず、高級万年筆を使う。 一度もミスをしない。

3年間習ったけど、解けない問題はなかった。

なんて凄い奴なんだ。

でも彼は東大の数学課を卒業後、 高校の数学の先生として定年を迎えた。

高校教師が悪い訳じゃないこど、何か勿体ない気がする。

8. 一流予備校へ

現役のとき、「国立と早慶」しか受験しなかった。

教師は地元の国立も受験する様、しつこかった。

東京ゆきの汽車の窓から顔を乗り出し、遠ざかる町を見ていた。

やっと終わった! 

参考書で勉強はできない!

長々と書いてきたけど僕が言いたいのは、

参考書では勉強はできない。授業が大切!

と言うことだ。

多くの人が「独学した」と思っているけど、それは錯覚だ。

タイトルとURLをコピーしました